大阪で『自己破産』の相談なら【弁護士法人心 大阪法律事務所】まで

弁護士による自己破産@大阪

Q&A

自己破産をすると家族カードはどうなりますか?

  • 最終更新日:2022年4月22日

1 自己破産と家族カードの整理

自己破産と家族カードの関係について考えるうえで、①破産者名義のクレジットカードについて、破産者の家族が家族カードの発行を受けている場合と、②破産者の家族名義のクレジットカードについて、破産者が家族カードの発行を受けている場合を区別して考える必要があります。

2 破産者名義のクレジットカードについて発行されていた家族カード

まず、①破産者名義のクレジットカードについて、破産者の家族が家族カードの発行を受けている場合には、家族カードを利用して家族が買い物等をした分の支払い義務も、破産者の債務となります。

そのため、破産者が自己破産の申し立てを弁護士に依頼し、弁護士からクレジットカード会社に受任通知が届くと、破産者名義のクレジットカードも、そこから派生している家族カードも、すべて利用できなくなります。

3 破産者の家族名義のクレジットカードについて発行された家族カード

次に、②破産者の家族名義のクレジットカードについて、破産者が家族カードの発行を受けている場合には、家族カードの債務者は、破産者の家族であって、破産者本人ではありません。

そのため、破産手続きを進めたとしても、破産者の家族名義のクレジットカードの家族カードが使えなくなるというわけではありません。

ただし、新たに家族カードを作成しようとした際に、信用情報の問題で家族カードの作成を拒否される可能性はあります。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ